よくあるご質問にお答えします!

Q 通塾日の振り替えは可能ですか?
A OKです!ただし、「どの日時に振り替えるのか」というご相談を、
予めくださいませ。「アポなしでいつ来ても大丈夫!」というわけでは
ございませんので(笑)、念のため。

Q 持ち帰った東大脳プリントの復習は必要ですか?
A 「やらなくてはいけないもの」という扱いにはしないでください。
お子さんが面白がって解きなおす分には結構です。
「ねぇねぇ、この問題できる?」と自慢しにきたら、
ぜひ喜んで付き合ってあげてください。
東大脳養成プリントは、決して「解法の暗記」を目的にした
プリントではありません。「解けたこと」の感動を味わうための材料
ですから。無理強いは「百害あって一利なし」です。

Q 日によってプリントの進み方が「速い」ときと「遅い」ときがあるよう
なのですが、大丈夫でしょうか。
A 「一日何枚!」のノルマをこなすような「プリント学習」とは一線を
画しておりますので!むしろ「違い」があって当然。
「遅い」ときほど脳は活動していますから。
「速く進むこと」に価値をおきすぎると、「答え」をすぐ要求する
クセがついてしまいますのでご用心を。「解き方を覚えればいいんでしょ!」
という「受験生スタイル」は、いずれイヤでも身につけなくてはならないときが
きますから(笑)。「まだここまでしか進んでないの!?」と焦らせてしまうのは
かえって伸び芽を摘んでしまいかねませんよ。

Q プリントが進むにつれて、使う計算が難しくなりますが、
うちの子はまだできない(学校でも習っていない)のです。
どのようにフォローしたら良いですか?
A 教室でも現在「計算プリント」や「オリジナル補助プリント」を併用して
授業を進めています。こちらにも「達成カード」があり、ステップクリアーごとに
ハンコがおされていきます!「東大脳」と同様に「こちらも大切!」という
意識でみてあげてください。子供たちには「やりとげた」という
”達成感”を与えることが大切ですから。




Copyright(c)2005 文の会All rights reserved.
TOP